木質バイオマスとは

バイオマスとは?

 

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の 有機性資源(化石燃料は除く)」のことをいいます。

 そのなかで、木材由来の資源を「木質バイオマス」と呼びます。

 

木質バイオマスとは?

 

木質資源は素材としての利用はもちろんですが、エネルギー(燃料)としての利用も出来ます。私達は燃料としての木質バイオマスに着目しています。

古来よりある、炭や薪としての利用だけでなく、木質ペレットという新しい利用の形が広がりつつあります。

木材のカスケード利用

 

カスケード利用とは、資源を1回だけの使いきりにするのではなく、使って性質が変わった資源や、使う際に出る廃棄物を別の用途に使用し、その使用の後も更に別の用途に使用する、という具合に資源を多段階(カスケード)に活用すること。

 

木材をカスケード利用する場合、森林から切り出したものを,大きい木は建築材などとして使う。小さい木は,製材したものを張り合わせ集成材などとして使う。チップになったものは,パーチクルボードや紙の原料などにする。さらに,製材過程で出てくるおが粉や製品として利用できない部分などは,ペレットやバイオエタノールにして燃料にしたり,肥料、バイオトイレなど様々な利用方があります。
このような縦のカスケード利用に加え,建築廃材を発電や熱エネルギーの燃料として使ったり、紙をリサイクルすることにより,森林資源を循環利用してCO2の発生を抑制することができます。

このように、木材をカスケード利用し森林資源を地産地消することにより、循環型社会の構築に寄与することができます。